Publication

  1. [Oral presentation] Masahiro Zakoji, Honoo Ogihara, Tomoko Kikuchi. Is the use of a PHR (Personal Health Record) associated with better health seeking behaviour? : the Best Investigator’s Award in the 8th Annual Conference of the Japan Primary Care Association in 2017(健康手帳は検診率と関連するか?・国際部門最優秀演題賞)
  2. [雑誌] “How do we maximize communication through a personal health record?” Community Integration, Vol.10, pp49-55, 2017
  3. [Oral presentation] Junior residency and training in global health: its potential needs and barriers. The 31st Annual Meeting of the Japan Association for International Health 2016
  4. 誰もが自分の健康を主体的に獲得できる世の中へ、ドクタラーゼ、2016年10月号、日本医師会
    “Healthism: who decides your health?”, Japan Medical Association Doctorase Magazine, Vol. 19, pp.14-17, 2016
  5. 佐久から世界に健康を: 座光寺正裕 at TEDxSaku on May 11th 2014
  6. Masahiro Zakoji. Restoration of tsunami-hit Ishinomaki through comprehensive community care: Back to the people, back to the primary health care. Prince Mahidol Award Conference 2014
  7. Masahiro Zakoji. JMA Junior Doctors Network and Global Health. JMAJ 56(4):1-3, 2013 
  8. Masahiro Zakoji. Preventive behaviors among plantation workers in two sub-districts with high and low prevalence of Chikungunyainfection in Rayong Province, Thailand. Masters degree thesis, Mahidol University, 2012. 
  9. 座光寺正裕、神保一平、藤川祐子、大久保洋一、高見沢葉子、小澤俊之、池田昌伸、浅沼瑞穂、竹内瑞恵、松村尚子、鄭 真徳、岡田邦彦、出浦喜丈、長野県佐久地域におけるHIV感染症予防啓発に向けた多職種共同の取り組み、第24回日本エイズ学会総会, 2010.11
    Masahiro Zakoji, Ippei Zimbo, et al. Multi-lateral cooperation for HIV prevention campaign in Saku, Nagano. The Japanese Society of AIDS Research conference, 2010
  10. 高山義浩、座光寺正裕、小澤幸子, AIDS 発症した無資格滞在タイ人の一例 第2報:帰国支援, 国際保健医療学会, 2006.10
    Yoshihiro Takayama, Masahiro Zakoji, et al. A case report of Thai AIDS patient and returning him home, Japan Association for International Health congress, 2006
    Returning Thai AIDS patients home.pdf
  11. 有馬久富、座光寺正裕、谷崎弓裕、土井康文、秦  淳、福原正代、松村 潔、飯田三雄、清原 裕, 心血管病予防における至適血圧レベルの検討:久山町研究,第31回日本高血圧学会総会, 2008.10.
    http://www.convention.co.jp/31jsh/pdf/poster1009.pdf
  12. 田川 直樹、吉川 智子、藤田 彩香、座光寺 正裕、船田 大輔, 狭間からのぞき見た完全管理社会の健康格差, 九州大学医学部熱帯医学研究会, 2007.9
    http://tropical.umin.ac.jp/report/07report.pdf
  13. 座光寺正裕, 麻疹ウイルスH蛋白質と受容体認識に関する研究, 2007.3
  14. 西田有毅、池崎裕之、松木孝之、座光寺正裕、船田大輔, 災害医療とDMAT, 九州大学医学部熱帯医学研究会, 2005.9
    http://tropical.umin.ac.jp/report/05report.pdf
  15. 座光寺正裕、船田大輔, 東ティモールの過渡的な医療環境, 九州大学医学部熱帯医学研究会, 2004.9
    http://tropical.umin.ac.jp/report/04etimor.html
  16. 豊福千賀、宮原麗子、座光寺正裕, 沖縄の離島医療支援体制, 九州大学医学部熱帯医学研究会, 2003.8
    http://tropical.umin.ac.jp/report/03okinawa.html
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中