姨捨山に骨を拾いに行くー帰国支援というのは単なる欺瞞で、体のいいやっかい払いだったんだろうか?

3月にタイに追跡調査に行ったAIDS患者が、7月の上旬、亡くなった。昨年の正月にも、同様に追跡していた患者さんを亡くした。訃報はすぐに複数のルートから届いたけれど、詳細は伝わってこないまま時間が経ち、無力感も相まって頭の片隅に追いやっていた。3月に訪問した際には、タイ帰国後も順調に治療を始めていた様子に安心していたけれど、それはぬか喜びだった。患者の置かれた状況を見誤ったことが悔しい。

大切なのは、こうした外国人AIDS患者の門前払いは東京・千葉・神奈川といった南関東ではまず起こらないということだ。医療通訳の充実や外国人コミュニティーの成熟はもちろんだが、それ以上に、行政が経済的な後ろ盾として構えており、また市民社会の監視の目が医療機関に対して絶えず注がれていることも大きい。そういう場所では、患者は比較的早期に医療機関を受診するし、軽症のうちに帰国支援ができる。

タイ保健省のキャビネットにはThai workers in Japan と背表紙に書かれた分厚いファイルがある。 日本におけるタイ人就労者の健康問題は大きな課題だ。

タイ保健省のキャビネットにはThai workers in Japan と背表紙に書かれた分厚いファイルがある。 日本におけるタイ人就労者の健康問題は大きな課題だ。

そもそも帰国支援スキーム(日本国内では急性期の治療だけ行って、HAART導入以降はタイで行う)は、次善の策に過ぎない。タイをはじめとする途上国でも抗HIV薬の入手が容易になってきたから、人道的にもぎりぎり許容されているが、それすら長野県では機能しない。応召義務を反故にする運用知を積み上げたって、むなしいばかりじゃないのか。

結局、帰国支援というのは単なる欺瞞で、体のいいやっかい払いだったんだろうか。やっかい払いがすんだあとの追跡調査なんて、姨捨山に骨を拾いに行くようなものだったのかもしれない。

広告