タイで携帯電話を買う

SIMフリー端末があれば、こちらでSIMを買うだけです。日本の携帯電話も法改正後はSIMロックを外せるようになっているようですので、そういった端末であれば、日本で利用している端末をそのままバンコクでも使うことができると思われます。

私は日本ではiPhone3GSを使用していましたが、SIMロックが解除できなかったため、バンコクに来てからSIMフリーのiPhone4に買い換えました。それまで使っていたiPhone3GSはSIMロック解除ができないにもかかわらず、中古市場で10000THBで売却できました。

携帯電話の購入は、スーパーマーケット(BigC, Tesco Lotus)、非直営アップルストア(iStudio)、デパート(Central, Paragon, Emporium)のいずれでも大差ありませんが、新品を購入することを強く勧めます。私はiStudioで購入しました。

携帯電話の売却はMBK(エンビーケー、マーブンクロンショッピングセンター)の携帯街が手軽でおすすめです。BTSの国立競技場駅直結で便利です。購入もできますが、中古が中心なので注意してください。

バンコクで新たに端末を購入する場合には日本語対応の観点から、iPhoneかAndroid端末を買うことになると思いますが、箱を開けた瞬間から日本語で使えるiPhoneのほうが万人向きだと思います。日本語にこだわらなければ800THB程度から安いGSM携帯が購入可能です。Androidで最安は2500THB程度から、Androidの上位機種で10000THB弱、iPhoneは20000THB程度です。中古市場で購入するのは、外国人にはリスクばかりでメリットはありません。

日本でもヤフーオークションなどで事前にSIMを購入しておけば、あらかじめ電話番号を伝えてから出国することが可能です。AIS、True、DTACが大手三社ですが、日本で例えるなら、順にNTT, AU, Softbankといった感じでしょうか。AISの利用者が多く、3Gの無制限のデータプランが799THB/月です。都内で見通しが良いところなら、およそ1Mbps-5Mbps程度出ている印象で、テザリング(AndroidやiPhoneからWifiやBluetooth経由でデータ通信)も利用可能です。

広告